大学生からの学び

私が師事している谷地教授のお取り計らいがあって、

某国立大学の経営学部大学生(主に3年生)に週に1回

マーケティング授業を教えている。

通常は、ビジネススキルを学ぼうとする企業ビジネスマンや

経営者が相手なので、まったく勝手が違う。

何が違うというと、取組姿勢やビジネス知識だ。

無論、これら2つはビジネスマンが圧倒的に学生を上回る。

たとえば、学生に対して、ある業界についてリサーチ課題、

今後の業界予測などを調べなさいなどを課すと

まあ、ほぼ全員が楽観的な予測、もしくは企業や

市場が出した「いいこと」を鵜呑みにしたアウトプットを

出してくる。

これは、「無知」がなせる業だ。市場やビジネスの厳しさを

知らないからこそ、楽観的なアウトプットにつながっている。

 

しかし、私はここに大きな学びがある。

ビジネスマンは、知りすぎてるがゆえに「限界」を設けていないだろうか?

自らの思考に限界を設ければ、イノベーション(革新)は生まれてこない。

楽観的な学生も社会に入れば、無知を無くし、知ることで

限界を作っていこうとするだろう。

だが、今後の世の中を変えるのは、誰もが気付かない

ことを発想するイノベーションの力だ。

週に1回だけ対峙する学生との時間を私はとても楽しみにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です