■「紙1枚」って?
「最小時間」のために、「紙1枚」に成果を落とし込みます。

「最小時間」で学べるためのフレームワーク(思考の枠組み)を1枚に落とし込んでいます。
落とし込んだ1枚の成果物は、現場に持ち帰れば、すぐに活用できます。
以下が講座におけるフレームワーク例です。


■「遠くから近くへ」って?
「遠い事例」から、「近い事例」を豊富に用意。

ビジネスの現場では何が起きるか分かりません。どんな状況でも成果を出せるために、応用力が必要になります。そのため、研修講座では、あらゆる問題に対応できるよう豊富なケース(事例)を用意しています。
この手法は、ハーバード大学で採用されている「ケーススタディ」という手法です。講座初めには自社と関係ない「遠い事例」から取り組んでいただき、最後には自社の「近い事例」へ近づけていくことで、問題解決力を養成していきます。
ケース(事例)は、最新の事例を豊富に取り揃えています。以下が具体例です。


■「ジャストフィット」って?
「業種」や「受講者レベル」に応じ、カスタマイズします

どんなにいい講座でも、受講者に違和感があれば、腹落ちしなくなります。 当社は、これまでのべ2万人を超える受講者からのアンケートを都度検証することにより、「業種」や「受講者レベル」における傾向をデータベース化しています。 講座展開する前に完全カスタマイズを行い、ジャストフィットさせています。以下は、ジャストフィットさせるためのノウハウ例です。

【業種】

【受講者レベル】