【緊急対談その2】戦略決断は、結婚に似ている?

日経ビジネスオンライン上での一橋大学ビジネススクール楠木教授

との対談2回目。最新拙著を交えての対談です。

>最新著はこちら

記事はお読みいただくとして、私的に腹落ちしたころが

2つありました。

>記事はこちら

1つめは、経営学とビジネスのギャップ。

経営学者には2つあり、学術ジャーナルに論文を載せることを

生きがいとする卸売派。

もう一つは、ビジネスパーソンへ示唆を与える

直販派。楠木教授は後者とのこと。

MBAに通学するビジネスパーソンが、

経営学学術とビジネス実業とのギャップに直面するとしたら、

卸売派の先生方との濃厚接触が原因ではなかろうか。

2つめは、決断とは何か?

決断でいちばんマズいのが、捨てられないこと。

なぜなら1つを選べば、他方は選べない。

そして、それが正解か否かは、後になってみないと

分からない。

それは「結婚」に似ている、という

話しで対談が終わりました。

>記事はこちら

>最新著はこちら

猛読家のご感想:『迷えるリーダーがいますぐ持つべき1枚の未来地図』

拙著、『迷えるリーダーがいますぐ持つべき1枚の未来地図』

横田伊佐男著、日経BP社、が発売になり、早1週間。

おかげさまで、日経新聞朝刊や日経ビジネス広告のご案内もあり、

一時的にAmazon在庫切れになってしまいました(現在は補充済)

何よりも嬉しいのが、読者のご感想です。

とりわけ、名古屋の猛読家である行政書士、澤田さんのご感想!

澤田さんは、なんと月に300冊を読破する猛読家!

年に3600冊ですよ!

月に1冊読む人ってどれくらいいるのだろう?

それでも読む方だと思うけど、澤田さんが読む1月300冊に至るには

それでも25年かかってしまう。

まあ、それが積み重なると猛烈な差になるわけです。

前置きが長くなりましたが、そんな澤田さんに

絶賛いただいております!

>澤田さんブログはこちら

【緊急対談】コロナ禍の激変に強いリーダーとは?

コロナ禍の戦略について、一橋大学の楠木教授と緊急対談。

「激変に強いリーダーとは」の問い。

その答えを一言で言うと

「リーダーは戦略意思を持って、抽象的に考え、具体的に指示せよ」。

話は尽きず、次に続きます。

■日経ビジネスオンライン「激変にも強いリーダーは何が違うのか?」

>記事はこちら

■『迷えるリーダーがいますぐ持つべき1枚の未来地図』日経BP社、横田伊佐男著

>書籍はこちら

2020年4月新刊!『迷えるリーダーがいますぐ持つべき1枚の未来地図』

経営者・管理職者必読の新刊、

『迷えるリーダーがいますぐ持つべき1枚の未来地図』日経BP社

が発売になりました!

世界に名を馳せる賢人「賢者の知恵」と成功企業の「強者の事例」を

1枚にまとめるエンターテインメント系ビジネス書です。

経営者、管理職の方は決めなければならない、けれども迷うこともあるでしょう。

そんな方に参考になれば幸いです。

特別付録:1枚地図と診断チャート付き

Amazonはこちら

 

3月7日(木)、売れるコピーを見つけたい方必見、「最強のコピーライティング講座」!

あまり公開講座は行いませんが、

アドブレイブ社様主催で、3/7(木)「最強のコピーライティング講座」を開催します。

https://www.adbrave.jp/invit_seminar

おかげさまでベストセラーとなった拙著、

『最強のコピーライティングバイブル』(ダイヤモンド社)

の中身を4時間に凝縮したセミナーです。

以下のことを4時間でお伝え、体感いただきます

  • このA/Bテスト、売れたのはどっち?
  • いきなり書くな、まず考えろ
  • 「どう言うか」より、「何を言うか」
  • たった2つの要素で描く戦略の公式
  • ターゲティングの絞り方
  • 人を惹き付ける4つの法則
  • ラクラク書けるキャッチコピー最強35の型
  • 読ませ、買わせるLPの6フレーム
  • 1枚超訳シートの使い方

しかも2/22までのお申込みで、

嬉しい特典付き!

詳しくはこちらへ

 

ダイヤモンド・オンライン最新記事

ダイヤモンド・オンライン『最強のコピーライティングバイブル』

関連の記事をアップしました。

→記事は、こちら

Yahoo!ニュースに載ったり、アクセス・ランキングは、

一時1位まで上昇、Amazon書籍ランキングも

発売2年以上経過して、9000位くらいから、980位以内と

10倍以上伸びました!

感謝です!!

 

会議HACK!取材記事(前篇)

会議をする人の注目サイト、会議HACK!にインタビューいただきました。

サイトは、こちら

拙著、『ムダゼロ会議術』(日経BP社)をほんとに良くお読みいただいた

ライターさんにたっぷり2時間お話しました。

このライターさん(Nさんという)が、中々の凄腕で、手元のタブレットを

いじりながら、静かに柔らかに鋭い質問で真相をえぐり出していきます。

中々見事な聞き方で、私自身大変勉強になりました。

その間中、若いカメラマンの方が、邪魔にならないように

シャッターを切っています。

この方も凄腕で、自然露光でバシャバシャと撮ってくれてるのですが、

肩の力が抜けたいい表情を抜き出してくれます。

「佐坂和也」さんというカメラマンです。

探してみてください。

2人のプロの方々との出会いに感謝です!