【緊急対談その2】戦略決断は、結婚に似ている?

日経ビジネスオンライン上での一橋大学ビジネススクール楠木教授

との対談2回目。最新拙著を交えての対談です。

>最新著はこちら

記事はお読みいただくとして、私的に腹落ちしたころが

2つありました。

>記事はこちら

1つめは、経営学とビジネスのギャップ。

経営学者には2つあり、学術ジャーナルに論文を載せることを

生きがいとする卸売派。

もう一つは、ビジネスパーソンへ示唆を与える

直販派。楠木教授は後者とのこと。

MBAに通学するビジネスパーソンが、

経営学学術とビジネス実業とのギャップに直面するとしたら、

卸売派の先生方との濃厚接触が原因ではなかろうか。

2つめは、決断とは何か?

決断でいちばんマズいのが、捨てられないこと。

なぜなら1つを選べば、他方は選べない。

そして、それが正解か否かは、後になってみないと

分からない。

それは「結婚」に似ている、という

話しで対談が終わりました。

>記事はこちら

>最新著はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です