本を書くことの意義

本を書くことは大変だ。書いたことがある人はわかるけど、

苦行に近い。

だけれどもその対価も得られる。

印税、信用、名声。。。

でも一番嬉しいのは誰かの役に立てること。

それも読者の人生に多少なりとも影響を与えられれば

それほど嬉しいことはない。

先日のアマゾンレビューにはこんなタイトルが載っていた。

「この本のおかげで希望の職につけた」。

会ったこともない誰かが、偶然本屋で拙著を手にとってくれて、

希望職につけたとのこと。

こんなに嬉しいことはない。

と久々に投稿してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です